小児歯科

むし歯を守る小児歯科

むし歯を守る小児歯科よい生活習慣を身につければ、虫歯になりにくくなります。お口の中に汚れを残さないことと、お口の中がきれいな状態を長続きさせることが大切です。
お子さんの虫歯予防のためのポイントについてご紹介していきます。

小児歯科の重要性

永久歯に比べて、乳歯は虫歯になりやすい歯です。やがて抜け落ちて永久歯に生え変わる乳歯は、虫歯になっても放っておいてしまう親御さんもいらっしゃいますが、乳歯の虫歯を放置するとこれから生えてくる永久歯に悪い影響を与えることになります。
虫歯になりやすい環境の中でやわらかい永久歯が生えてくることになるだけでなく、永久歯が正しい位置に生えにくくなってしまう可能性があります。

小児歯科では、虫歯予防を中心として治療を行っていきます。歯科用プラスチックのレジンであらかじめ虫歯ができやすい奥歯の溝を埋める「シーラント」呼ばれる治療や、定期的にフッ素を歯面に塗布するなどによって虫歯予防を行います。また将来、歯がきれいに並ぶように顎の広さを確保したり、上下の顎の成長バランスを整えるなどの歯科矯正治療を行います。このような治療を行うことで、大人になってからも末永くお口の健康を保ち続けられるよう、サポートしております。

小児歯科を受ける時期

お子さんをいつ歯科医院に連れて行けばいいのかという質問は、多くの方からいただく質問です。一つは、乳歯が生え揃った時期です。虫歯があるかどうか、1歳半健診や3歳児健診を活用してチェックしてもらいましょう。また、予防処置を受けることで虫歯予防を行いましょう。
もう一つは、乳歯から永久歯への生え変わりの時期です。歯の大きさにばらつきがあるこの時期は、歯磨きをしても汚れが残ってしまいがちです。虫歯リスクが上昇するため、予防、そして早期発見・早期治療のために歯科医院で診察を受けるようにしましょう。

お子さんを歯医者嫌いにさせない為に

歯医者さんへの苦手意識をお子さんが持ってしまうと予防のための治療も難しくなってしまい、どんどんお子さんのお口の健康が損なわれていってしまいます。そのようなことにならないためにも、親御さんへいくつかのお願いがあります。

歯科医院は怖いところだというイメージを与えない

歯科治療の痛い、怖い話はせず、歯科医院の大切さを伝えるために「虫歯をやっつけるために歯医者さんに行こうね」というふうにお話してあげてください。

ウソをつかない

不信感をいだくきっかけとなってしまうため、「ちょっと診るだけだよ」「痛くないよ」など、事実と異なることを言わないようにしてください。

通院は機嫌の良い時間帯に

お昼寝の時間やお腹が空いているときはお子さんの機嫌が悪くなってしまいがちです。可能な限り、お子さんの機嫌が良い時間帯にいらしてください。

親御さんがリラックスする

親御さんの緊張はお子さんにも伝わりますので、まずは親御さんがリラックスし、お子さんに優しく寄り添ってあげましょう。

治療後は褒めてあげる

治療が終わったら、大袈裟なくらいたくさん褒めてあげてください。泣いてしまって上手く治療ができなかった場合でも叱らず、次につなげられるよう優しく励ましてあげるようにしましょう。

予防歯科メニュー

フッ素塗布

フッ素塗布虫歯になりやすい子供の歯は、予防が重要です。歯の表面へのフッ素塗布は、エナメル質を強化するだけでなく歯の再石灰化にもつながります。また、お口の中の虫歯菌の働きを抑制する作用もあるため、フッ素塗布を定期的に行うと虫歯予防に効果的です。

シーラント

シーラントレジンと呼ばれる歯科用プラスチックなどで奥歯の溝を埋める処置をシーラントと言い、生えたばかりの乳歯や永久歯に行います。溝は汚れが溜まりやすいため虫歯になりやすい部分です。そこをあらかじめ塞ぐことで虫歯を防ぎます。

過剰歯の抜歯

本来生えてくるよりも多く歯が生えてくることが稀にあります。これを過剰歯と言いますが、大切な永久歯の歯並びに悪い影響を与えてしまう可能性が高いため、抜歯する場合がほとんどです。

一番上に戻る
一番上に戻る
TEL.03-5799-461824時間受付中初診ネット予約

医院情報

住所:東京都世田谷区経堂1-24-15
TEL:03-5799-4618
アクセス:小田急線 経堂駅 徒歩2分

※〇はマウスピース矯正日です。
診療時間
9:30-13:00
14:00-18:30
MAP